Internet Week に掲載された記事。Microsoft .NET と Java 両方を生業としている Mitem Corp という会社でのビジネスアプリケーション穀zのお話。この会社、医療機関向けの業務アプリを開発したところで、クライアントに.NET (ActiveX)かJavaかと検討した結果、Flash を採用したというストーリーです。

特筆すべき点は、クライアントではなく、サーバーで、このビジネスアプリケーションが JRun4 を使っていることです。
Blue Iris uses Macromedia’s Java-based application server, JRun, to connect the client to back end databases. While other application servers could be used, JRun is the best option. “It probably wouldn’t be worth (using another server) for the amount of effort you’d have to put in,” Nelson said. “Those other products don’t offer anything more than we currently get from JRun.”
「JRun4の提供する機蝿ネ上のものをもつアプリケーションサーバーはなく、ほかのアプリケーションサーバー導入にかかる時間的なロスを考えると、JRunがベストなチョイスだった。」というコメント。隠れたJRun4の事例でもあります。

http://www.internetweek.com/webDev/showArticle.jhtml?articleID=14800074

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

カテゴリー

Java