プレスリリース 広島大学大学院国際協力研究科が
Macromedia Flash Communication Server MX 導入により、
アジアの留学生を継続教育

Macromedia Flash Communication Server MX は、クライアントの PC のネットワークやマシン環境に合わせて、適正帯域を個別にいつでも設定変更することが可能です。そのため、比較的低速で不安定なインターネット環境である開発途上国間とのコミュニケーションに威力を発揮し、研究科の利用に最も適したシステムとして、Macromedia Flash Communication Server MX を活用した株式会社ミウラの「スタジオ BB」が採用されました。これにより、ブロードバンドによる高速なネットワークの日本と、比較的低速なインターネット環境の開発途上国間でのコミュニケーションが成立しました。

広島大学大学院国際協力研究科

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

カテゴリー

FMS