Flash の CFForm を使って、デバッグ情報を表示するテクニック、 CF7 simple debug tool。ソースコード、CGI 変数、Form 変数、URL 変数 をそれぞれタブをに分けて表示してくれようになっています。Flash フォームのレンダリングにちょっとウザイかな、と思っていたんですが、ローカルで開発する場合や、ホスティングでデバッグ情報が見えないときには役に立ちます。

使い方は簡単で、Philippe Maegerman 氏 が作ったコードを debug.cfm というファイル名で保存して、Application.cfc のonRequestEnd で読み込んであげるだけ。

広告

会話に参加しませんか 1件のコメント

  1. Well, I don’t understand all of your post, but thank you for linking. If you are interested, I made also an enhanced TextArea (http://cfpim.blogspot.com/2005/04/rich-textarea-for-flash-cfforms.html) with CF7’s flash forms and also an application to manage the common Styles of the CFForm’s components (http://cfpim.blogspot.com/2005/04/flash-cfforms-style-manager.html).
    Cheers
    //Pim;

    いいね

    返信する

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

ColdFusion, Flash