Macromedia が運営するブログアグリゲータ、MXNA に Flash ベースのインターフェースが登場。ASFunction.com による MXNA Reader

なかなか洗練された Flash インターフェースもさることながら、この MXNA Reader は Flash でも Flex アプリケーションでもなく、実はすべて ColdFusion MX 7 の CFForm を使って作られているというのが驚き。詳細はこちら、MXNA Reader built with CFForms

右上のパネル、自分の気に入ったフィードをブックマークできる Favorites はなかなか気の利いた機能。自分の気に入ったブログをドラッグ & ドロップするとそのブログにワンクリックでアクセスできます。ドラッグ & ドロップは SharedObject を使っているらしく、ローカルコンピュータに保存されるという仕組み。

どうやら、CFForm のリミテーションとして 32KB というサイズの制限があるようです。そのために、コードの再利用や最適化をかなり施さなければならなかったとコメントしています。次のバージョンはこの制限を超えて機能を追加したいので Flex ベースのアプリケーションに移行する予定だそうです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

Uncategorized