Flash 8 の北米でのアナウンスを受けて発表された、Mitsubishi Research Labs Licenses Saffron Type Rendering to Macromedia(R); Breakthrough Technology to Ship in Macromedia Flash(R) Player 8

これによると、Flash 8 には 三菱電機の US R&D 部門である、Mitsubishi Electric Research Lab (MERL) が開発した Saffron Type Rendering というテクノロジーがライセンス供給され、採用されているということらしいです。

Saffron Type Rendering がどういうものなのか技術的にはよくわかりませんが、小さなポイントでも読みやすい、マルチスケールフォントで、OpenType や TrueType との下位互換もあるというものらしいです。もともと、デスクトップ以外のコンピュータデバイス(携帯電話や大画面液晶画面など)で、キーボードやマウスを使わずにインタラクションを実現するにはどうしたら良いか、という MERL のリサーチの中から生まれたテクノロジーのようです。Flash 8 の目玉のひとつ FlashType というのはこれを採用しているようなかんじです。

詳細読みたい方はこちら(Saffron: High Quality Scalable Type for Digital Displays)どうぞ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

Flash, Technology