2005/08/15

夏時間帯変更

先週、ブッシュ大統領が署名した、新エネルギー政策(Bush: Energy bill effects will be long-term)。これによって、2007 年から夏時間の期間が 4 週間長くなるということらしいです(始まりが 3 週間早く、終わりが 1 週間遅くなるということです)。電力などのエネルギーの消費を抑えるという期待が込められています。

Y2K 問題のような深刻な事態を予測する人も出てきていますが、1時間狂うことで西暦が100年も戻ってしまうことにはならないので、これはちょっと大袈裟な感じがします。もっと差し迫った身近な問題としては、時計、カレンダー機能を持っているものは修正が必要になるわけで、コンピューターはもちろん、ビデオ、携帯電話、車など家中の家電製品をどうするんだろうと人ごとながら心配してしまいます。ソフトウェア的にアップデートできるものや、サーバーにシンクロしているデバイスなどは良いとして、問題は、夏時間に自動的に切り替わるように自動的にプログラミングされているもの。

さらに複雑にするのは、この法律がカナダでは採用されそうもないこと。そうなると、カナダと合衆国の夏時間の始まりと終わりがかわること。今は、カナダとアメリカのタイムゾーンは同じものを使っているので、モントリオールなら、ニューヨークと一緒。バンクーバーなら、サンフランシスコと一緒、なんですが、2007 年からは別々のタイムゾーンとなり、テレビ番組表とか、コールセンターへの電話できる時間とかめんどくさくなりそう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

Misc