ColdFusion MX 7 エンタープライズ版はイベントゲートウェイを実装し、CFC メソッドの非同期呼び出しが可能になっていますが、残念ながらこの機能はエンタープライズ版のみ。ところが、ちょっとした Java クラスを使って、スタンダード版でも CFC メソッドの非同期呼び出しが可能になります。そのテクニックの一部始終を解説した、ColdFusion With Java Inside

これによると、自分で キューとなるクラスローダーと Runnable インターフェースを実装した Thread クラスを使って、イベントゲートウェイと同じような機能を自前で実装しています。

これを動かすためにはドキュメンテーションに記載されていない CFCProxy というインスタンスを利用しているので将来のバージョンやアップデートでは使えなくなる可能性もあります。 Java クラスの詳細なコードの解説やソースコードも公開中。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

ColdFusion