Portable Media Player (PMP) で初めて UI のプラットフォームに Macromedia Flash を採用した製品、Viliv P1。開発元は、YUKYUNG Co., Ltd. という韓国の会社。18mm、230g というボディに、4 インチ TFTスクリーンで、MEPG1、MPEG2、MP3、WMA、OGG、AC3、AAC が再生でき、12 メガピクセルまでの JPEG, BitMap 画像も見れ、Flash のコンテンツも再生可能。30GB のハードディスク付き。CF スロットか USB でメディアを入れ替えできて、出力も S-Video に Dolby 5.1。ユーザーインターフェースは Flash を採用していますが、オンラインでデモが試せます。発売は 11 月らしいです。これ欲しーなー。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

Uncategorized