peermind EDonkey と Gnutella のトラフィックをモニターして、どの音楽、映画、ゲーム、ソフトウェアが一番多く P2P のアンダーグランドマーケットで流通しているかをランキングしているサイト、PeerMind。FastTrack と BitTorrent のトラフィックが入っていないので(今後追加予定だそうです)、すべてをカバーしているとは言えませんが、統計学的には十分な精度を持つデータなのではないでしょうか。

今週のソフトウェア部門の P2P 流通 No.1 は Adobe Photoshop。ちなみに Dreamweaver が No. 8 となっています。Adobe Acrobat Reader もトップテンの常連です(ランキングの数字は帯域ではなく、コピーされた数を表しています)。もしこの数字が本当であれば、今週だけで Adobe は $373 million約 436 億円)の売り上げに相当するソフトウェアを盗まれていることになります。年間の売り上げの実に 20% もしくは、全アジアの売り上げが一週間で消えてしまうという恐ろしい現実。

P2P がなくなればこの数字がすぐに売り上げに反映されるかというとそれもそうではなく、この方達は無料で使えるからダウンロードする訳であって、P2P がなかったらお店に買いにいくかというと、そうではないでしょう。P2P を厳しく取り締まることから派生するネガティブなコーポレートイメージ、それにかかるコストと、それに見合う費用対効果が見込まれなければなかなか動けないという辺が、企業に取っては悩ましいところでしょうか。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

Misc, Technology