2007/03/09

YouTube もどき

zooppa

ビデオ以外のメディアやテーマで YouTube ライクなモノを実現しているウェブサイトを三つほど。

Scribd
ドキュメントをビデオに見立ててシェア、タグ付けするアプリケーション。Word、プレーンテキスト、PDF だけでなく、Excel、PowerPoint、PostScriptファイルも文章として扱うことができます。ブラウザで見るときのビューアーは Flash Paper。軽くてなかなか快適。英文のドキュメントは Text-toSpeech によって音声読み上げ、MP3ファイルとして読み上げ内容をダウンロードできるところも面白い。

確かにこれまでなかったサービスという意味では面白い着眼点ですが、ニーズとして顕著化するか微妙なところ。

ZOOPPA
映像広告版の YouTube。メジャーブランドがお題を出すと、その題目にあった CM 映像を一般ユーザーから募集し、ランキング付けをするコンテスト形式。優秀な作品には賞金も出ます。コンテストを開催するブランドからのスポンサー料が収入源。スポンサーにはディズニー、Vodafone、キャノン、SONY、LG など有名どころの名前が並んでいます。なかなか面白い試み。面白いビデオは閲覧回数が増え、話題になり、ブランドや製品認知度が上がるという仕組み。口コミ効果を狙うのであれば簡単にシェアできたり、ブログに貼り付けられるような仕組みを入れてもよかったんじゃないかと思いますが、そういうたぐいのモノが一切ないのが不思議です。

Brickfish
ZOOPPA と同じコンセプト。こちらはビデオだけに限らず写真やイラスト、コンセプトモデルなどメディア全般。ブランドプロモーションのアイディアを視覚的制作物として集めてコンテストをしようという試み。メジャーブランドだけでなく、これからデビューするアーティストやデザイナーもスポンサーになっています。ZOOPPA 同様、風刺の効いたシニカルな作品が期せずしてランキングのトップになったときはどうするのかなーという素朴な疑問が残ります。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

Flash, Startup, Technology