時間軸を持つデータを扱いやすくするというテーマに取り組んでいる、MIT の SMILETimeline プロジェクト。オープンソースで、Ajax をつかったHTMLベースの横スクロールインターフェース。Google Maps を時系列に応用するという発想だそうです。

言われてみれば地図も時系列データも情報に尺度があり、年表だと日単位なのか年単位で見たいのかによって同じ事象の流れでもとらえ方が違いますが、同じインターフェースで見れたらいいなーという希望はあります。Timelineプロジェクトのコンポーネントでは自分が気になる単位(分、時、日、年など)の部分をドラッグするとその粒度で事象が流れていく仕組み。使いやすい。サンプルもあり

なんか、社会科の教科書の裏に付いていたほんとに使いづらかった長〜い年表を思い出しました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

Uncategorized