Google から登場したリコメンデーション機能。検索キーワードの履歴を使って、興味のありそうなコンテンツを探してきてくれるサービスが登場、The Official Google Blog、Search without a query

Google Tool バー(Windowsのみ)に新機能として登場した他、Google パーソナライズドホームでも利用可能。ツールバーではサイコロが二つ繋がったようなアイコンが追加されクリックするとリコメンデーションされたサイトが次々と表示されるしくみ。Google パーソナライズドホームでは新しいタブを作って、Recommendations という名前を付けると、そのタブに表示されるような仕組み。

検索キーワードがないと使えない検索サイト。探すという能動的なサイトで、検索するキーワードがなければ使われないサービスですが、検索する単語がなくても使ってもらえるサービスとして受動的なサービスを提供し始めました。アイディアとしては Google が初めてではなく、古くは StumbleUpon が有名どころ。一方でこういうリコメンデーションサービスはテレビを見ているような感覚で使えるし、能動的なインターネットの使い方を提案する始まりになるのではないかと。

取得する情報を自分でコントロールできないのは嫌だ、という人もいるだろうし、能動的なサービスがなくなることは考えられないけど、能動的に使いたい部分や人たちもいるのは当然。で能動的、受動的の二極化のサービス提供がこれから始めるのではなでしょうか。

そういうパッシブなサービスをいくつか。

StumbleUpon
Firefox のエクステンションをリリース。ボタンをクリックするだけで次から次へと自分の属性や趣向にあったサイト開いてくれます。eBay が買収するのではないかという噂が昨年の11月くらいから流れていました。AOL やGoogle も買収に乗り出すのではという憶測も飛び出しているほど。それだけ期待感が高く、将来のトレンドになりつつあるのではないかという証拠ではないでしょうか?

LeapTag
最近公開されたサービス。まだベータですがかなりいい感じ。Del.icio.us に登録されているタグや RSSリーダに登録されているURLから興味や趣向を特定してリコメンデーションサービスを提供。リコメンデーションサービスでは、ユーザの趣向を学習する時間の短縮が課題で、利口なエンジンになってくれるまでは忍耐が必要ですが、そこをブックマークのタグやRSSに登録されているサイトから判断するというのはいい解決策。ベータなので登録できる数に限りがあるようですがなかなか期待大。

パッシブなサービスを提供するに当たってはビデオはテレビという比較対象メディアがあるので作りやすいのかも。ということでビデオ版リコメンデーションサービス。

StumbleUpon Video
先述の StumbleUpon の最初のサービスはサイトリコメンデーションでしたが、ビデオ版がこちら。

Rimo
はてなの作ったビデオのリコメンデーションサービス。はてなのサービスなのにはてなが名前に入っていない初めてのサービスかも。テレビを見ている感覚でビデオを見るサイト。極限まで削りに削ったユーザインターフェースが秀逸です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

Uncategorized