3dUIinteractionDemo

Flexで 3D の仮想空間を実現する、outsmart 開発のNew Flex-based 3D Rendering platform。既にコマーシャルベースで採用されているフレームワークだそうです。Flex のコンポーネントやアバターを仮想化された3D空間に高速にレンダリングすることができるのが特徴のようです。

デモは、マウスでクリックするとアバターが移動し、壁に掛かっているオブジェクトはコンポーネントになっています。わりとサクサク。セカンドライフに端を発し、3D とか仮想空間が注目される中、Silverlight や Apollo の登場もあり、開発ツールやフレームワーク化が今後進みそうな感じ。

広告

会話に参加しませんか 1件のコメント

  1. Flex3D…

    flexってよくわからないけど、デモは面白いかも。 画面に(たぶんだけど)Fla……

    いいね

    返信する

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

Flash, FLEX