Lifehacker のこのエントリー、Turn Your $60 Router into a User-Friendly Super-Router with Tomato を読んで我が家のルーター Linksys の WRT54G のファームウェアを Tomato にアップグレードしてみました。思い起こせばこのルーターすでに5年は使っているので、失敗したら新しいのを買えるという下心と、『$60のルーターを$600のルーターにしよう』というジャパネットたかた並のパンチラインにすっかりその気。

手順は至って簡単。
1. Tomato の最新バージョンをここからダウンロード
2. 7-zip という変わった圧縮がされているので、7-Zip からアーカイバをダウンロード(Mac や Linux 版は 7-Zip のダウンロードページ下にあります)
3. Linksys WRT54G の場合は、ルーターのアドミンページからFirmwareアップデートへ行き、WRT54G 用の bin ファイルを選ぶだけ。後は2、3分待てばできあがり。

一番の期待していた機能はルータのワイヤレスの出力を変えられること。壁や部屋の構造で入りにくい場所があるのでこれで解決。左ペインメニューの中から Advanced -> Wireless を選び、画面下方にある Transmit Power の値を変えてあげれば OK。デフォルトは 42 mW ですが、70 mWくらいに変更するとよいそうです。最大値251 mW まで行けるようですが、あまり温度が高くなると発熱を心配しないと行けないらしいです。デフォルトのほぼ倍近くまで出力が上がり、確かに部屋の中のカバーできる範囲が広がりました。

他にも接続するアプリケーションごとに帯域の割り当てを変えたり、自宅サーバーを運用している場合にはIPアドレスが変わるとアラートを送ったりといろいろまだまだ魅力的な機能があります。帯域のモニターはリアルタイムと過去24時間をグラフにしてくれてこちらも便利。

ちなみに、サポートされているルーターは以下のとおり。

  • Linksys WRT54G v1-v4, WRT54GS v1-v4, WRT54GL v1.x, WRTSL54GS (no USB support)
  • Buffalo WHR-G54S, WHR-HP-G54, WZR-G54, WBR2-G54, WBR-G54, WZR-HP-G54, WZR-RS-G54, WZR-RS-G54HP, WVR-G54-NF, WHR2-A54-G54, WHR3-AG54
  • Asus WL500G Premium (no USB support), WL500GE
  • Sparklan WX6615GT, Fuji RT390W, Microsoft MN-700

なお、Tomato ファームウェアへのアップグレードは自分のリスクで。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

Misc